案件管理と顧客管理はワークフローで仕上がる

ワークフロー

kanri

ワークフローとは、業務の流れ全体を図式化し可視化したものである。
業務を図式化することにより、作業効率の分析や業務の効率化を目的としている。
また、業務を図式化したものをコンピューターに取り入れ、自動化したものをワークフローシステムと呼ぶ。
近年では、コストカットや業務の効率化を目的として、多くの企業でこのシステムが導入されている。

ワークフローシステムは、業務の図式化だけでなく様々な機能を有するのが一般的である。
例として、顧客案件をデータ化し、データの追加や編集に合わせて自動的に処理をするシステムなどである。
これは、案件管理を自動化する事で顧客管理のコストカット、円滑化を目的とする機能である。

メリット

ワークフローによって、業務を図式化するメリットは様々に存在する。
例として、業務の手続きや手順を図式化し、定義付けする事による業務の可視化などが挙げられる。
この事により、業務の問題点や進行状況などを可視できるため問題の改善に効果的である。

作業手順が図式化されることで、やるべきことが明確になり作業効率の向上やミスの防止に繋げる事が可能。
また、常に状況が見える事で問題発生時の原因究明に効果的である。
進捗状況を即座にチェックする事ができるため、進捗管理が容易になるなどがメリットとして挙げられる。

システム

kokyaku

近年、IT企業を始めとして多くの企業がワークフローシステムの導入を行っている。
このシステムを導入することにより、顧客管理案件管理が円滑に行えるためである。
今まで主流であった、紙媒体から電子文書への置き換えが進んでいる。

図式化された情報を紙媒体での管理するメリットとしては、承認商標能力の高さや持ち運びの利便さなどである。
一方で保管の場所や情報共有にかかる時間、検索の難しさなどのデメリットが存在する。
そのため、ワークフローシステムをパソコンに導入することで、こうしたデメリットの回避が行われている。


ニュース

2014/01/15
顧客管理を更新しました。
2014/01/15
案件管理を更新しました。
2014/04/04
販売管理を更新しました。